| categories:swift develop

printlnは気楽

NSLogはまだ使えるようですが、swiftではprintln をログの書出しに使います。NSLogだとよく使っていた、 __PRETTY_FUNCTION__

Swift では __FILE__, __FUNCTION__, __LINE__ and __COLUMN__ のようになります。 使えそうなのは

  • __FILE__ :ファイル名
  • __LINE__ :ライン番号
  • __FUNCTION__ :ファンクション名

そして、値を表示したい時はそのままかそのままか\(...)で囲み適当に放り込む。もはや%dや%@は必要ないらしい。 小賢しいウォーニングも出なくなる。

println(__FUNCTION__, self.frame)
println(__FUNCTION__,"screen is \(self.frame)")

戻りは以下

(function, (0.0,706.0,414.0,30.0))
(function, screen is (0.0,706.0,414.0,30.0))

Swift Programming Language に書いてあるらしいので読むべ。

comments powered by Disqus