| categories:backpack

バックパックの買換思案中

グアテマラでアメリカ在住九州男児の料理人から1500円くらいで引き継いだ使用年数7年訪問国は50を超えた、なかなか壊れないバックパックを新らしくしようと物色中。

今使っているのはアメリカのアウトドアカンパニーREI社のバックパック、名称は不明、下にAlpineとだけ刺繍がある。大きさは30 x 53 x 18cm と両サイドにちょっとしたコンパートメントがある。黒の布地は日焼けで紫色っぽくなる。なかなか頑丈。

REI

大きさはもうほーーんの少し小さくても良いが、理想に近い。フラットに開くし鍵も付けられる。かなり気に入っているのだけれど、穴だらけでパッチだらけ。ほつれは無いし、ジッパーもスイスイ動いてるので買い替えるのはちょっと勿体ない気もするが、そろそろお役御免(物欲の勝利)。ヨガマットがうまく付かないのと、デザインが一寸△なのが数少ないマイナスポイント。

REI社の新しい物を探してみると同じようなタイプの物はもう売っていなく、登山用のバックパックにはあまり気に入った物がない。

ひょんな所、テック系のサイトでチラッと出ていたデイパックが気になって、ちょっとその会社のウェブサイトを見てみると、バックパックも売っている。体育会系会社のGoRuck 。軍隊上がりの社長は犬好きで、リペア担当のお兄さんはバドワイザーを飲み作業を始める、アットホームな会社。(リックサックに重りを入れて何をする??理解できん。。)

GR-1

シンプルで格好良い。で数種類あるうち、GR-0とGR-1が候補。身長183センチ以下はGR-0を推奨とサイトに書いてあるがすこし小さすぎるし、、外寸なのか内寸なのか、5Lの違いがどんなもんだか、、黒か灰色か、、悩みどころである。

  • GR-0 (21L): 29.2 x 45.7 x 14
  • GR-1 (26L): 30.5 x 50.8 x 17.2

そして、YouTubやウェブサイトでレビューを見てて、他の強力な候補を発見する。バックパックはちょっと肩に辛くなってきている自分にグッと来たTom Bihn 社の3Wayボストンバッグ Aeronaut 30 。こちらはちょっと文科系の香りがする、サイトもおしゃれ。オーナーは猫好きっぽい(ポイント高し)。

Aeronaut30

  • Aeronaut 30L: 32 x 50 x 20

旅人の事を考えられて作られている感じが有り、かなり好印象。ヨガマットも取手の所につけられそう。色のオプションも多々あるのも良い。今のバッグとほとんど同じ容量になる。

両方ともMADE IN USA、かつ永久保証。値段もほぼ同じ。 2社とも小さい会社というのも良い点。

※ ただアメリカ製といえども、Tom Bihn社のAboutUs をみると、働いているおばさん達はほぼアジアの方々。逆にこっちほうが安心でもある。

ただし、日本では販売されていないようなので、実際の物を見て買う事ができない、値段もそれなりだし。。。

両方買ってみるか?。。

comments powered by Disqus