| categories:nomad

デゥシャンベ、タジキスタンのインターネット事情

イストラフシャンからデゥシャンベへの移動はシェアタクシー。朝早く行ったのにも関わらず、運転手の営業不足で2時間待ち。80ソムニで6時間(途中タイヤの空気調整数回)かかる。現地の人は50ソムを支払っていたように見えた。

宿はビシュケクにて南から流れてきた旅行者に「デゥシャンベの宿はグリーンの一択でしょ!」という言葉につられて、Green House Hostel。

非常に立派な建物で空調も建物全体に入っている。US$15にも関わらず人気宿のようで、最後のベッドを幸運にもゲット。庭でねている人やリビングの隙間で寝ている人もいました。入口横に雑魚寝大広間もあるように見えました。

しかし、ビシュケクでは沢山見かけた日本人はここでは、チャリーダーマンの一人。ホーローグに向かうパーティーがいるだろうと思っていたのだが、しかも2泊目の宿は一気に宿泊客の入れ替えのようで、同乗者は見つけられず、独りで行く事になる。

ネットは高速と聞いていたが、さすがに宿が一杯の状態(35人くらいと言ってました。)だと、かなり遅い。

下り:1.82Mps
上り:0.05 Mps
(Speedtest.netを使用)

宿の周辺情報:宿を出て右へ、大きい通りを右折して南下。まず、焼きたてのナンを売っている店、さらに南へ行くと学食風安レストラン(入口が南向)、そして大きい十字路を越えるとスパーマーケットが、さらに歩くとホーローグ行きのタクシースタンドの裏口があります。(右手奥の水色ゲートが目印)

comments powered by Disqus