| categories:snakefoot

GV-1についたゴミのクリーンアップ

GRに付けている外付けファインダーGV-1にゴミが見えるようになる。ホコリというよりも、ゴミ。 黒いゴミが中心部に張り付いている。ケースに入れて、ベッドに叩き付け、ゴミの位置をずらし使っている。

久しぶりに日本に戻り、リコーのサービスセンターに行く。以前は銀座にこじんまりとあったのが、ペンタックスとの統合により、新宿西口のビル街に移動している。

見てもらうと、「内部剥離からのゴミのようですが、こちらの商品は分解ができず、買い替えをお勧めします。」とあっさりビジネスライクに言われる、申し訳なさの微塵も感じられない。リコーのサービスセンターは何回か利用させてもらった事があるのだけど、親切でアットホームな感じのあるサービスセンターだったので、ちょっと寂しいような腹立たしいような(製品も無骨な感じだし)、それともリコー製品への嫌がらせか??。2万円近くの商品はどう考えても消耗品では無いので、簡単に買い直すような品物ではない。 せめて買い替え時には50%オフとか、そういう心遣いあっても良い物だと思うが、ごねても仕方が無いと思いぐっと苛立ちを抑える。

家に戻り、GV-1を眺めてみると、ネジ穴があり、だめ元で分解を、だめならクレームメールということで、試みる。

結果:ピッシリした作りになっているので、サービスセンターでも言われた通り無理かと思いきや、割とあっさり分解成功。ブローワーでゴミを吹き飛ばしスッキリする。5分もかからず、あまりに簡単だったので、これだったら、やってくれても良いと思うのだが。。

でも、これでペンタックスのサービスは期待ができないと、、。。リコーもカプリオからお世話になってたけどこのGRで最後にするかなと思ったりする。次は富士かフォクトレンダーからでてくるであろうBESSAデジタルかな。。 (※ でもGRに光学ファインダーを入れてくれたら、買ってまうだろうなぁ。。)

comments powered by Disqus