| categories:develop

XCodeにてアプリデーターの管理

端末のアプリデータをバックアップ、復元。

クリーンインストールでのミス、弊害のひとつ。XCodeにてコードサインの変更またはRevokeによる実機へのインストールがきなくなる不具合。

appinstall-fail

この不具合は、実機に入っているアプリを消去して再インストールすることで解決はするのですが、中に入っているデーターが消えてしまします。そこで、以前は iExplore というソフトを行って実機からバックアップを取っていたのを、いつからか、XCodeでもできるようになっていたのでメモ。(開発環境がXCode5から一気にXCode7になったので、、まぁ改悪は今の所無いのだけど、、分からんことが一杯だな。。)

データーのバックアップ・復元

まずは、XCodeにて、メニューの Window - Device にて端末を選択します。インストールされたソフトがリストされます。データーをバックアップ・復元したいアプリを選択します。下の+・ー・歯車の歯車を選択するとコンテナに対するメニューが表示されます。

Container download

実機にインストール前に、

  1. コンテナをダウンロード
  2. エラーの出るアプリを消去
  3. アプリを再インストール
  4. コンテナのリプレース

Container replace

にて作業を終えます。

コンテナファイル

そこで、コンテナファイルの中身を見てみます。ダウンロードすると以下のような ****.xcappdata が保存されます。Ctr+Clickで中身を見てみると以下のようになってます。

Appdata

Documentフォルダー内にある *.sql の三つのファイルがアプリのデーターになります。Libraryのなかには設定用のplistファイルがあります。

Appdata detail

※そしてこのファイルをシミュレーターに入れることでデーターを更新することもできます。スクリーンショットを撮るためにアプリのデーターが必要だったりする時などに役に立ちます。

シミュレータヘのデーター移行

シミュレータのデーターはちょと厄介なとこにあり、探すのに一苦労します。たくさんインストールする前に、探してどこかにメモしておきましょう。

まずは、Simulatorの識別番号を XCodeのDeviceより確認します。

simulator-identifier

ファインダーに戻り、ライブラリーに入り。

~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/IDENTIFIER for Simulator/data/Containers/Data/Application/IDENTIFIER for Application/Documents

に移動して、上の*.sql の三つのファイルを上書きます。

simulator-app-directory

シミュレータのデーターを実機で使う

逆に、実機にシミュレーターのデーターを使いたいときは、ダウンロードした、****.xcappdata ファイルのなかの*.sql の三つのファイルをシミュレーターのもので上書きして、実機のコンテナをリプレースします。

iExploreが使えなくなって難儀していたので、同じような問題を抱えた方にお役に立てば。。

comments powered by Disqus