| tags:nokia7+ categories:android

Nokia 7 Plus 購入に至る

Xiaomi Mi Maxを人に譲り、自分用の携帯を物色していました。 理想は、小さく、カメラの出来が良い、前面指紋認証付きの端末、 予算は5万円以下。 (2年前のiPhoneSEを今更買う気にはちょっとなれない。)

で、結局の所、色々迷って、Nokia 7 Plus を購入に至りました。 滞在先のタイのソンクランという水かけ祭りで、ちょっと、新年の高揚気分? もしくは酷暑で熱暴走なのか、予想外の端末に落ち着く。

Nokia 7 plus


候補に上がったのは以下の端末

  • Xiaomi Mi Max3
  • Redmi5 Pro
  • iPhone SE2
  • OnePlus 5
  • Nokia 8

シャオミのMi Max3は6月頃のリニュー、Redmi5 Pro はまだインドと中国でしか販売していない、iPhoneSE2 は結局噂のみ、出る出る詐欺が続く、OnePlus 5 はもう市場から消えているし売っていても高い、Nokia 8 は値段が$420くらいに落ち着いていて予算内かつ在庫もありEtorenで支払いまで進んだけれど、最後の一押しが、、(大きさが思いの外大きいし、ベゼル部が大きく指紋認証のボタンが妙に細いのが、デザイン的にあまり好きになれない。)

ということで、残念ながら除外だらけ、6月ごろになれば新しい端末が出揃って選択も楽なんだろうけども。 小さい端末に関しては、2年前に発売になったSE以外の選択はなし。

そんな中、タイにてちょどタイミングよく発売開始になったノキア7プラスに白羽の矢が立つ。

Nokia 7 plus

ミッドレンジのスマートフォンの中ではかなり評判が良い。 携帯のスピードはMiMaxでも問題がなかったので、もう十分だろうし、 液晶の大きさも中途半端なサイズに思えたけど、6インチあればMi Maxの代わりになるかもしれず2台持ちせずに良いだろうと、、

そして Android One 端末なので、QまでのOSがサポートされ、先3年はセキュリティーパッチが配信される。グーグルとも連携がよくとれているのか、アップデートも他のアンドロイドone端末に比べて迅速に行われている。

逆に、残念だけれどもカスタムロムなどを入れるには色々と難儀するようで、カスタム化の楽しみはなくなってしまう。

多分、シャオミから似たようなスペックで数万円やすいものが出てくると思う。。。 その数万をいかに自分に納得させるかが、、

  • デザインと作りは、レビューで賞賛されている。白ボディーが良い感じ。
  • カメラ好きでもあったので、Carl Zeissレンズはポイントが高い、これで、コンパクトデジカメは卒業できるかも、、
  • イヤフォンジャックはありがたや、、
  • Three microphones with Nokia OZO Audio録音機能が良いらしい、
  • 安定して使える環境の端末を一台持つのも悪くない、色々いじってパニクることもなくなるだろう、
  • 日本で自慢できる?かも?

去年から今年は色々あったので、自分へのご褒美で良いだろう。。

と、言い訳を羅列して、自分を納得させました。


しかしながら、勢い勇んでショッピングセンターへ行くも、在庫切れ。 プロモーションでブルートゥース・スピーカーがつくようで、電話番号を残して店を後にする。 ちなみにタイでの価格は、THB13,900、日本円換算で¥47,500くらいです。

手に入ったらレビューします。

7 plus 183g

Nokia8 Dimensions 151.5 x 73.7 x 7.9 mm (5.96 x 2.90 x 0.31 in) Weight 160 g (5.64 oz)

OnePlus5 Dimensions 154.2 x 74.1 x 7.3 mm (6.07 x 2.92 x 0.29 in) Weight 153 g (5.40 oz)

comments powered by Disqus