| tags:nokia7+ review categories:android

Nokia 7 Plus レビュー その2

Nokia7+ Display Setting

酷暑タイ、暑さが内側からこみ上げてきます。観光は終了、ローシーズン突入なはずですが、わりと観光客が多い感じがします。チェンマイ滞在中です。(そろそろ帰国)

そして、ノキア7プラスを買ってしばし経ちました。持ち出して日々使っています。液晶画面は指紋でベタベタですが質感も良く、満足度の高い端末です。そこで、レビュー第二弾。使用感とカメラ、バッテリーの持ち具合などで感じたことを書いていきます。

まず、ノキアは日本で販売されていないからなのか日本語のロケールがないです。ちょっとした作業で有効かはできるようですが、ウェブのページなどで表示に不具合があるわけではなかったので、そのまま英語環境で使ってます。そのうち、ルート化の情報が入ってきたらフォントも入れ替えたいし、その時に色々いじろうかなと思ってます。

雑感

ノキア7プラス以前の携帯はシャオミ・マックス、数年前のミッドレンジのファブレットです。

  • 端末の重さ:思ったより、ちょっとズッシリします。(182gあるそうです。)
  • 端末のサイズ:iPhone8+よりちょっと細身なのですが、なんとか片手で使える感じ。無理をすると落ちそうだったり、手がプルプルする。文字入力は片手を添えないとちょと無理。やはり私にとっては中途半端に大きい。
  • スピード:ゲームなどはしないので、重い作業はしてませんが、滞りなくサクサク動いてます。
  • GPS:掴みが良いです。
  • テザリング:すごく早くなりました、かなりスピードが出てると思います。
  • Nokia音はクロックアラーム音以外はいいです。コンッコンッと軽快な通知音が心地よいです。起動音も懐かしい。。
  • バッテリーは2日持ちます、充電も早い。
Amazon

液晶サイズ

Xiaomi Maxの液晶のサイズは(6.44inch: 1960x1080) なので、サイズの違いはありますが、縦に少しだけ伸びただけ。しかし、全体的に文字が小さくなり、仕方なくちょっと大きくして使ってます。デベロッパーモードをオンにして、デベロッパーオプションのSmallest width(Default:411 Small:485)を間の数値:430に変更しました、これでちょうど良いか。。

Nokia7+ Display Setting Nokia7+ Display Setting

バッテリー&クイックチャージ!?

充電はQC3.0対応というネットでの情報、かつ販売員のお姉さんが言っていた35分で80%を検証。 最初は125日前に充電と、ずいぶん前ですが、どこをふらふらしてのだか、でもほとんどオフ状態では自然放電は少ないようです。下のグラフは、まぁ見てないことにしよう。。

Nokia7+ QC3.0

金曜日午後4時に手に入り立ち上げたら90%は残っていました、いろいろアプリを入れたり設定したりして、日曜の午前9時頃に10%を割りました。

そして、一回目の充電を9時15分9%よりスタート、お姉さんの言う通りであれば10時には100%になっているはず、、ですが、

Nokia7+ QC3.0 Nokia7+ QC3.0

で、見ての通り85分で90%(80%充電)になりました。こので数値がいいのか悪いのかは、微妙。4800mAのXiaomi Maxでは充電に4〜5時間近くかかっていたと思えばかなり早いと思います。10分10%(使用約2時間分)という感でしょうか。出勤前にバッテリーがないのに気がついて、焦って充電という状況で、なんとか会社までは持つぐらいですかね。

ということで1日目スタート。カメラで10枚くらい写真を撮り、テザリングで1時間ぐらいMBPと繋いで、ちょっと調べ物、引き続きセッティングをしたりして、夜には残量53%(使用37 %)。微妙な残り具合ですが、そのまま充電せずに2日目突入
そして、朝に写真を散歩しつつ撮り、通話はなく、またテザリング1時間くらい、フィードを読んだりし(17時:33%)、夕方に知人のところに遊びに行き、写真を少しとって帰宅、爆睡、次の日に起きて残り20%でした。

1時間チャージ (+70%)

Date % Status
May 4, 16:30 90
May 6, 9:13 9 利用81%:1日16時間45分  
May 6, 10:37 91 充電82%:1時間25分
May 8, 13:14 12 利用79%:2日2時間30分
May 8, 14:55 97 充電85%:1時間40分
May 11, 7:36 2 利用95%:2日16時間40分
May 11, 9:26 98 充電96%:1時間50分
May 13, 17:00 5 利用93%:2日7時間30分

スクリーン表示時間は7時間くらい。テザリングは画像のデーターなどを割とたくさん落としたりして、2時間使い10%の消費でした。Spotifyを外部スピーカーとアナログケーブルでつなぎ1時間再生して2%くらい、さらに1時間ブルートゥース接続で聞いて同様に大体2%の消費、思ったより悪くないです。

充電は1時間で70%、次の10分で80%にたどり着き、残りの40分で98%までの充電。80%を超えると充電の速度が遅くなるような感じがします。10~80%くらいで使い回すのがバッテリーにも優しいというし、調整が入っているかもしれません。

Nokia7+ QC3.0

ちょっと小旅行でカメラでバシバシ撮って、いろいろ調べ物をして、電話を掛けまくったりしたら、1日でちょうど使い切る感じになるかもしれません。ちと分からず。

カメラ

ストックロム(素のアンドロイド)に入っている数少ないノキア・ソフトの一つカメラ、もう一つはサポートソフト。 レンズがカールツァイスなので非常に期待。

プロモードがあって細かな設定ができます。使い勝手は良いと思います。カメラをマニュアルで撮ったことがある人なら割と違和感なく使いこなせると思います。ただし、露出補正の単位が1.0というのは残念、使えません。そのまま適当に撮ったものをアップします(800x600にサイズダウンしてます。)。

Nokia7+ Camera

Nokia7+ Camera

ちょっと暗いかも思ったけど、色もしっかり出ている。このお店はちょっと高いけど、マンゴーが安くなってきている。

Nokia7+ Camera

ヒゲのキラキラ感が少し出ている。

Nokia7+ Camera

体がボケて、いい感じのボケみが出ている。奥行きのある写真が撮れそうです。

Nokia7+ Camera

犬・猫が妙にかわいいチェンマイ、人から優しくされているんだろうなと思います。

Nokia7+ Camera

私は撮った後はDropboxにアップロードという方法を取っているので、画像を見るためのソフトがグーグルのPhotoしかないのがちょっといただけなくて、LineageOSのGalleryをインストールしました。

See Also

comments powered by Disqus