| tags:vegetarian categories:life

フルータリアン・3週間

nuts

さて、プチ・フルータリアン生活が3週間を過ぎました。経過報告。 フルーツジュースは牛乳で作るのが、ほんとーーに、美味しい。身に染み渡ります。

とりあえず前回から今までの流れ、

1日に食べている物のおよその量は以下、青汁とフルーツジュースを2回とナッツ。

  • 豆乳:1袋(300mlくらい、これは来週くらいから減らしていきます。)
  • ケール:100gくらいでそろそろ終了。
  • 果物:3袋くらいとバナナ数本(カットフルーツ:一袋10バーツ)
  • 牛乳:450mlほど
  • ナッツ:結構な量(100gくらい?)を食べていた。今は各ナッツ7〜10粒。
  • 塩:3グラムくらいかな、ナッツにつけたり、手につけて舐めたりしてます。

牛乳は飲むのをやめようかと思ったけど、インドの果実食主義者(ジャイナ教のグルなど)でも牛乳はオッケーということで、 牛乳の生産上での問題はあるけれども、 しばし、お牛様の慈悲にすがらせていただくことにします。 でも、今飲んでるものが終わったら抜くかな。(厳密に言えばロー・ビーガンか?)

フルーツ ※一袋10バーツ(30円くらい)のカットフルーツ。

ただ、思ったほど、そんなにきつい空腹感はありません。 以前出たふらつきも今のところはないし、気分的な少々の気だるさは、 う~~ん、食事のせいというよりも、やる気の問題なような気もするし、、。

週2回の水泳は継続も、運動後問題になるような感じはしません。

でも、快調かと言われると、、普通かな。。 このまま続けられるか?と聞かれれば、なんか余裕な感じです。

適応能力が高いのか、、体が強いのか。。

帰国は10月。帰るまで続けてみようかなと思ってます。 (でもせっかくタイにいるし、クゥイッティァオ・トムヤムがちょっと食べたいなぁ。。)

おまけ

ハリウッド・芸能界のみならず、スポーツ界でも超距離から短距離ランナー、格闘系とベジタリアン・ビーガンの方は沢山いらっしゃるようです。 NFLのフットボール選手がパフォーマンスを上げる方法として「野菜中心の食生活」を採用している という記事もギガジンで掲載されてました。食べるものはそんなに関係ないのかもしれません。(ビーガンファイターというのは、ベジタリアンの背景にある思想と反するような気が、、違和感はあるが、、まぁ、よろし。。)

  • ティモシー・ブラッドリー:WBO世界ウェルター級チャンピオン
  • カール・ルイス:短距離ランナー
  • スコット・ジュレク: ウルトラトレイルランナー

しかも、数日前に、偶然ブレサリアンのジェリコ・サンファイア氏のインタビューをユーチューブで見てしまったものだから、

これはちょっと、これは食べんでも大丈夫かなって思って、 ナッツを1日10粒くらいと青汁・フルーツジュース一杯で数日過ごしたら、 案の定体重が減る。1日だいたい500グラムぐらい減っていく。(現在54.5kgくらい) まあ、どこかで下げ止まるだろうし、今までの経験からは、立ちくらみなどに襲われるから、 まぁ様子見。というか、断食も兼ねて一気に不食に行ってみるか、と思ってみたりしてます。(帰国前の一週間くらい試すかな。未定)

See Also

comments powered by Disqus