| tags:komoot categories:bicycle

Komoot 使い方・インポート編

四国ツアーを計画中、お遍路ルートも追加しようかなと画策中です。Wahoo Boltを今使うことができないので、まだ支払いはしてないのですが、Komootをいじってます。

さて、回る予定の四国。愛媛県のサイクリングアイランド四国 がルートラボに11日間で一周まわるルートを公開しています。折角なので、利用さてもらうことにします。

11日間ですが、もう少しゆっくりしたペースで回るつもりで、後々ちょっとアレンジしてみたいと思いますが、 とりあえずルートラボのファイルをシンプルにKomootに取り込みます。

Komoot Import

ルートラボでは、KML1、GPX2、TCX3と三つのファイルフォーマットをダウンロードできます。 TCXは時間の要素が入っているようなので、未確認ですけれども、ライドのインポートにはTCXもしくはFIT4形式の方が良いと思います。

ルートとライドという言葉がよく出てきます。違い・意味 はルートは計画した走行経路の意味で、ライド走行記録(時間・心拍数などの情報も含む)の意味で使われます。

ルートの取り込みなので、ルートラボからはGPX形式のファイルをダウンロードします。

データの取り込み

ウェブの画面上部ナビゲーションエリアのimportをクリックします。Komootへ取り込みは、GPX、TCX、FITのファイルに対応しています。

Update file のボタンを押してダウンロードしたファイルの指定もできますが、ぽいっとファイルを画面上に落として取り込むこともできます。好みの方で行ってください。

Komoot Import

読み込まれると、ルートもしくはアクティビティ(ライド)の選択、ファイルが道路に従っているかなどの確認(そうでない場合は変換たし方が良い。)、そしてツアーのタイプを選択します。

Komoot Import Komoot Import

最後に、ファイルに名前を付けて保存します。

Komoot Import

で、ホームページに戻ります。新しいルートが追加されています。

Komoot Import

ルートリスト

リストは上部 ナビゲーションエリア>ProfileTour - Planedより表示できます。プロファイルから行くのがちょっと分かりづらかったです。

Komoot Import

リストはテキストのみのシンプル表示。およその時間、総距離、平均走行速度(ちゃんと勾配も考えられています。すごい!)登り・下りの距離となかなか、難易度で色付けを変えたりしてデザインも良いです。

Komoot Import

ツアーのページは観光スポットが入っているとその情報も表示されたりします。その地域の天気情報が載っているし、登る距離や走行する道の状態など、よりどりみどりです。。なかなか、綺麗にまとまっていると思います。

Komoot Import

※ページがちょっと重いのは、滞在先の回線が不安定からなのか?もしくは2011年の古い端末がゆえなのか、Javascriptの作業に追いついていないのかもしれない。

おまけ:ルートを繋げる

GPXのデータをテキストエディタで開いてみたところ、簡単なGPSデーターのリストのようです。 複雑なデータではないようなので、簡単にくっつければまとめることができるように思えたので試したところ、 ハラ〜ショ、出来ました。

以下簡単な作業方法:

KOCHI_TOSAKURE_59km.gpxSub_Shimanto-R56_47km.gpxをつなげます。 ファイルはシンプルな構造でした。 ファイル名が付いているだけ、以下トレックポイントのリストがあり、最後に閉じてます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<gpx version="1.1" xmlns="http://www.topografix.com/GPX/1/1">
<trk>
<name>KOCHI_TOSAKURE_59km</name>
<trkseg>
<!--- start ポイントのリスト -->
<trkpt lat="33.555193055555556" lon="133.53748">
<ele>5.2</ele>
</trkpt>
<trkpt lat="33.555748055555554" lon="133.537355">
<ele>5.4</ele>
</trkpt>
<trkpt lat="33.321573055555554" lon="133.237065">
<ele>42.7</ele>
</trkpt>
</trkseg>
</trk>
<!--- end of ポイントのリスト -->

<<<<<<<< ここに新しいデータを追加する!

</gpx>

ただ、このファイルで編集はちょっと無理ですな。。


  1. Google Earth(Keyhole) Markup Language。グーグルアースでルートを作ることもできます。 [return]
  2. GPs eXchange Formatの略。地理情報システムソフトウエアで使われている代表的ファイル形式GPX形式。 [return]
  3. ガーミントレーニングセンターソフトウェアのフォーマット。スポーツの種類、ラップタイム、走行距離、消費カロリーなどのデータを格納・使用するためのデータベース。 [return]
  4. iFit.comで使用されるファイル。 [return]

See Also

comments powered by Disqus