| tags:shivambu categories:life

尿療法の実践

全くお金のかからない、非常に効果の高い、そして壁もある意味で高い健康法・尿療法をご紹介というか、ちとお試し中。 ノーピクチャーでお届けします。お試しになりたい方はご参考まで、

朝一番の自分のおしっこをコップに取り、飲む。う〜ん、書くのは楽だな。。

量はいきなり出るものすべて飲めとは罰ゲームではないので、言いません、 慣れるまではお猪口でちょびっとでも良いらしいです。ホメオパシー1的に朝の尿スプーン一杯を水で割って飲む人もいる。

背景にある考え方は、自分の血液に入り込んだ抗原2を、ろ過され排出された尿として、再度体内に取り込むことにより、喉の奥にあるセンサーを通して自分の体の状態を理解することができ、その抗原に対する必要な抗体を作り出すことができるようになるそうです。それにより病を克服し、健全な体を保つことができるとのこと。 尿は体の様々な状況の情報を持っていてるということで、栄養素がいっぱいというわけではないらしいです。

ということ、らしいので、変な薬で騙されるよりか、自分の尿は無害だろうから、まぁ、一回くらいは試してみるべと、、

味は漢方薬のようです。食生活により、塩気、苦味が変わってきます。 最初はちょっと体温で微妙に温く、香りが立ってくるのがちょっと気持ち悪かったかな、でも数日でなれます。 前日の食事によって味が変わりますので、暴飲暴食の方は味も香りもきっつーい感じになると思いますので、覚悟のほど。

そして、注意点を

  1. 出はじめと出し切りの尿は飲まない
  2. 時間が経つと雑菌がわきので、ぬくいうちにどうぞ。
  3. 飲んだ後に水うがいはしない。
  4. 薬を服用している人はやめておいたほうが良い(薬が体内を循環して悪影響が出るかも)
  5. 人により下痢(特に尿の塩気が強い時)などの好転反応3が出る

Q&A

  • なぜ朝の尿?(A:朝一番の尿には「その人の抗原2」が一番よく含まれてるという理由からです。日中の尿には、抗原がほとんど検出されないそうです。
  • なぜ出始めはダメなの?(A:出はじめには雑菌が、出し切りには膀胱内の沈殿物が含まれているからです。
  • どれくらい飲んで良いの?(A:1日で排出する尿の総量の0.382。(1-黄金比 )なぜかは不明、朝の一杯で十分だと思います。

簡単に実践について書いてみました。効用などについても後々書きたいと思います。なんか飲むだけでなくて他にも色々あるみたいです。うげげっ。

英語ですが、このインタビューは面白いです。

※ 尿断食というものもあるようなので、気になる方は調べてみてください。


  1. 「その病気や症状を起こしうる薬(やもの)を使って、その病気や症状を治すことができる」という原理のもと、1796年にザムエル・ハーネマンが提唱した療法。 https://ja.wikipedia.org/wiki/ホメオパシー [return]
  2. 毒素,微生物,細胞,合成化合物など体の中に侵入してきた異物のこと。https://ja.wikipedia.org/wiki/抗原 [return]
  3. 好転反応とは、もともとは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと。反応の程度はさまざまである。https://ja.wikipedia.org/wiki/好転反応 [return]
comments powered by Disqus