| categories:mumble

MacBook Pro15のキーボードを交換する

It Center Chaingmai

手元に両親に奪われ、挙句放置されていたMacBook Pro15/2010があります。 キーボードの不具合があって、アップルストアーに持ち込むも、

「こちらの商品は、ビンテージでございますから、修理ができません。」

とか言われる、、 何やその、ビンテージ、ちゅーのは、高く引き取ってくれるんか??別に気分が良くなるわけじゃーないだろよ。。 普通に「こちらの端末は、サービス終了になっております。」 とか言ってくれりゃーいいのに、

とか、ぶちぶち、、

e-buyでパーツを買ってきて、自分で直そうかなとも思ったけれども、交換方法をネットで一応調べてみると、割と作業が大変で面倒。 で、寝かしておいたら今度はバッテリーが亡くなる。。。

以前タイに来た時に、マックの修理関連のサービスをしているとこを見つけていたので、 今回のタイ滞在を利用、わざわざ、持ってきて修理をしました。

お店は、隣のビルを含め2件あります。若い女子がやっているところが好印象、値段も同じだったのでお世話になりました。正規のキーボードではないけれど、打ち心地は特に大差なし。タイ文字が入るのも、レイアウトが英語版と同じなので、マイペンラ〜イ。

New Thai Keyboard

ついでに、膨張していたバッテリーも抜いてもらいました。1時間で作業終了。

タイのキーボードになり、スリムになって戻ってきました。 日本に戻ったら、RAMを増設して、甥っ子のマシーンになります。

古いキーボードからは、キーキャップを取り外して、とっておきます。貧乏性やな。。

Key cap

タイでは、値段もebuyで買うのとそんなに変わらないくらいの値段で、素の液晶やバッテリーなど、ちょっとしたした古いパーツ類が売っています。旅行中に気になるものがあるようでしたら、ちょっと電気街に寄ってみるのも良いですよぉ。(多分、バンコクでも変わりはないと思うし、品揃えは豊富だと思います。)

comments powered by Disqus