| tags:fasting categories:life

21日ファスティング・プログラム

7日間の絶食、その後ジュースで2週間のリカバリーという、 21日間の断食イニシエーションを行いました。(124 - 213)

去年の秋に一度、山のキャンプ場にて挑戦を試みたのですが、寒さもあり4日目にして断念、 いずれどこかのタイミングでもう一度行いたなと思っていました。

タイ・チェンマイに戻って来て、ハイシーズンということもあっていつもお世話になってるチェンマイんのアパートは満室。 空き部屋がでるまで時間があったのでちょっとチェンライまでふらっと流れる。 お世話になってる宿が静か。気温も午後は30度を超えますが、部屋はそこまで暑くならず。 夜は涼しく、気持ち良くぐっすり眠れます。

さらに、ちょっとお腹を壊したこともあって、胃腸もすっきり。 体重も日本にいたおかげで少し余裕があリ、 今までの経験上、断食を行うと1日に体重は1キロ減る、 7日間の断食でも体重的にはまだ大丈夫な範囲にある。

好条件が整い、今を逃すと多分できないかもしれないと思い、チェンマイの戻るのを遅らせて断行を決意。 夕方に近くの市場からパパイヤを買ってき、感謝しつつ食べ、歯を磨き、1杯の水を飲み、午後8時ごろ開始。

(2/21よりちょこちょこと追記していきます。)

注意: 長期の断食は危険でもあります。決して軽はずみな気持ちで行わないでくださいね。

簡易説明: 参考にしたのはブレサリアンことジャムスヒーンさんのリヴィング・オン・ライト で書かれている21Daysプログラムです。 最初の7日間は水も飲まない完全絶食(シャワーやうがいはしても良い)、その後第2週は25%ジュース、最終週は40%ジュースでリカバリーをするという流れになっています。

※ Jasmuheen・ジャムスヒーンさん:オーストラリアの女性。穏やかな女性ですが、すごく強い意志というか、、綺麗な人ですけれども、怖いくらいの凄みを感じました。(ユーチューブを見ての感想)

最近は、千日回峰行の様なダークルーム・リトリートをやっていらっしゃる様です。9日間の暗闇+絶食、これはちょっとおいらにゃ無理ですな。。


2月20日現在

プログラム終了後1週間が経ちました。移動や何やで、体重が少し落ちましたが、食事はベジタリアンにすぐには戻さないで、しばし生の果物やフルーツシェークなど、果物オンリー(スイカとパパイヤがメイン)で生活してます。

体重移行

数日前に25日ぶりに便が出ましたが、色形、ちょっと太めながらも普段と変わらず。宿便だと真っ黒な物が出ると聞いていたので、期待はずれ。まぁ、あまり余計なものが付いていないとの証なのでマイペンラーイ。

自転車で1時間ぐらいゆっくり走ったり、作業をしたり、今の所、日常生活を滞りなく送ってます。(空腹感と、ちょっとしただるさは付いて回ってますが。。) 体重と集中力・身体的疲れのバランスをとりつつ、食べるものを調整していこうと思ってます。 またひと月ぐらいしたらレポートしたいと思います。聞きたいこと・質問等がある方はコメントくださいね。

See Also

comments powered by Disqus