| tags:india categories:travel

チェンナイ空港とメトロ

タイからインドに向かう。バンコクからインドのチェンナイの飛行機は夜9時発の23時インド着になる。 この路線は今回で4回目。(AirAsiaで片道7000円くらい)

今までは到着が遅くても、24時間走っているローカル列車でエグモア駅まで行って宿を取っていました。 しかし、チェンナイには用事はないので、次の朝には駅周辺で両替をし、バスに乗って目的地まで移動していました。

今回、建設中のメトロ路線・時刻表など調べてみたら、始発が朝4時22分と大幅に利便性が高くなっていました。 次の4時37分発の電車を乗れば、直でCMBT(バスターミナル)まで行くことができます。

空港に着き、バッゲージエリアに降りると、寝れないけれど椅子がたくさん置いてあって、 なんと、ありがたいことにSBIのATMも両替所の横に設置されていました。 インドにはちょっと変わったローカルルールがあります。 引き落としの上限は10000ルピーで、1日に4回まで利用可能です。500ルピーのピン札が出てきました。(2000ルピー札でなくてちょっとほっとする。)

SBIは手数料が一番安いとも聞きましたし、バスターミナル近くでお金を下ろそうと思っていたので、非常にありがたい。というか今まで無かったのが不思議。。

お金の問題もクリアーになったので、空港で少しゆっくりして、チェンナイには用事はないので、そのまま、訪問先のポンディチェリーまで行くことにする。


4時頃まで、ベンチでゆらゆらしてました。メトロ駅は空港から出てすぐ手前、徒歩3分くらいかな。 メトロ駅は閉まってるのではないかと思うくらいひっそりしてました。 乗車したのは私を含めて5人くらい。途中駅でも数人くらいしか乗ってこない、CMBTで降りたのも数人。 しかしながら、バスターミナルは人がいっぱい。ギャップが激しい。。しかも、皆川の字で寝ていますし。。。

行き先のポンディーチェリー行きのバスもすぐに見つかり、しかもすぐ出る。珍しくシートがちゃんと倒れるバスだった。途中、観光名所のマハバリプラムを経由して、4時間ぐらいで目的地オーロビル近くで下車(料金:INR180)する。

ずーーっと座りっぱなし(チェンマイから夜行バスでバンコク。その晩にインド、空港のベンチ泊、バス移動)だったので、足を見たらむくんでるし、、午前中でまだ暑さも穏やかだったので、オーロビルのビジターセンターまで(大体6キロ)歩くことにする。オートリキシャだと、150ルピーだそうです。

おとといチェンマイを出て、あっという間にインド。目に入る風景はまったく違う、、ほんと、夢の様。。

See Also

comments powered by Disqus