| tags:raspberry pi categories:server

CPUコア数を調整

そろそデビアンXことBusterのリリースが近づいてきましたね。SBCへの対応もされるということで楽しみです。でも、何か他の発表もあったような。。おっ、Ryzenの販売だったわ。。

さーて、パイで運用のサーバー機。 とりあえず構築・検証中の中途半端な状態ですが、pihole、polipo+ziproxy、syncthingと遅くて使い物にならないNFSサーバーが常時動いてます。

Manage Core

パイ・ゼロ、現状では問題無いのですが、LAMPの環境をインストールしたりするとシングルコアだと少し心もとなくなります、 しかしB・パイのクアッドコアでLAMPの環境を使ってみた感じは個人ユースなので若干オーバースペック気味な感じがありました。

ちょっといじれないかなと思って調べてみると、数値を入れ込むことで、コアをオフにできると出てきました。が、、

$ echo 0 | sudo tee /sys/devices/system/cpu/cpu2/online

パーミッションエラーで書き換えられません。というかファイル自体もありません。 それらしきファイルを見つけるも、書き換えは同様にパーミッションのエラーが出ます。

bash -c 'echo "0-1" > /sys/devices/system/cpu/online'

で、諦めようと思った矢先に見つけました。

解決法

こちらにみごとな解決方法が載っていました。 いたってシンプルでRaspbianらしく/boot/cmdline.txtをいじります。

Deactivate Cores: https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=29&t=99372

Dualコアで運用するには/boot/cmdline.txt

maxcpus=2

を加えることで2コアで動きます。数値(1から4)を変えることでコア数を指定でき、 変更後再起動で指定のコア数で動作します。 ただ残念ですが起動後に動的に変更はできないみたいです。

Manage Core

バッテリーで動かすことになるので、気になるのが消費電力。 シングルコアのパイ・ゼロと4コアのパイ・3Bはほぼ倍の違いがありました。 その間くらいで収まってくれれば御の字。

後々検証してみます。

See Also

comments powered by Disqus