| tags:raspberry pi categories:server

LMAPをインストール

ラズベリーパイ・サーバーにLAMP環境をインストールしました。 Wordpressなどのサービスなどを使うのに必要です。

LAMPとは(Linux+Apache+MySQL+PHP)の略称。 インストールするソフトウェアは、ウェブサーバーはNginx、MySQLは名前を変更されたmariaDB。PHPは機能も豊かになったと言われる最新のv.7.3にします。

  • Linux: Ubuntu 18.04 LTS arm64 (とりあえず)
  • Apache: Nginx
  • MySQL: mariaDB
  • PHP: php7.3

MariaDB

開発者の娘さんの名前から来ているそうです。ルートのパスワード設定を求められることもなく、あっさりインストール終了。パスワードなしでルートにてデータベースにログインできるのはローカルホストからだけという仕様になっているそうです。必要があれば変更してください。

$ sudo apt install mariadb-server

Nginx

エヌジンクスと読むそうです。ヌグゥインクスとかではありません。 (Gnomeもそうだけど、オープソース業界では読み方が厄介〜。)

最新のmainlineを追うことも考えましたが、個人使用ですので、まぁそのまま。 こちらも、色々と追加パッケージがインストールされましたが、何事もなく終了。

$ sudo apt install nginx

設定ファイルは、sudo vi /etc/nginx/sites-enabled/default phpを使うのに設定を少しいじります。 location ~ .php$部分のコメントを外し、phpはバージョン7.3をインストールするのでphp7.0-fpmphp7.3-fpmに変更します。

$ sudo vi /etc/nginx/sites-enabled/default


index index.html ***index.php*** index.htm index.nginx-debian.html;
location ~ \.php$ {
                include snippets/fastcgi-php.conf;

                # With php-fpm (or other unix sockets):
                fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.3-fpm.sock;
                }

Php7.3

Php7.3はdebianバスター10ではパッケージに導入されましたが、Ubuntuのデフォルトのパッケージには含まれていませんので、php7.3のレポジトリーppa:ondrej/phpより拝借します。

$ sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
$ sudo apt install php7.3 php7.3-fpm php7.3-cli php7.3-curl php7.3-mbstring php7.3-json php7.3-intl php7.3-gd php7.3-mysql php7.3-xml php7.3-opcache

上記のインストールパッケージはTT-RSSをインストールするためのものです。 使用するサービスによって少し違うかもしれませんので都度変更のほど。

パッケージの opcache は有効化されていないのでPHPの設定ファイルをいじります。opcacheの設定はかなり下の方(1800行位?)です。下記3つのラインのコメント;を取り払き有効化します。

$ sudo vi /etc/php/7.3/fpm/php.ini

;opcache.enable=1
;opcache.memory_consumption=128
;opcache.max_accelerated_files=10000

これで、基本的なLAMPのインストールが終了です。 TT-RSSやGitea等、セルフホストのサービスを幾つか入れようと思ってます。

See Also

comments powered by Disqus