| tags:raspberry pi logging categories:server

Grafanaのインストール

Grafana Install

インストール

バスターのパッケージではかなりの追加パッケージが必要なのですが、 開発会社レポジトリーのバージョンは追加のパッケージも全くありません。 心配がよぎるがインストールは問題なく終了。

鍵を登録、apt sourceの追加、パッケージのアップデート、 そしてインストールの手順になります。

root@raspberrypi:~ # sudo -Es
root@raspberrypi:~ # curl https://packages.grafana.com/gpg.key | apt-key add -
root@raspberrypi:~ # vi /etc/apt/sources.list.d/grafana.list

deb https://packages.grafana.com/oss/deb stable main

root@raspberrypi:~ # apt update
root@raspberrypi:~ # apt install grafana

サービスを起動時に登録、そしてスタートします。

root@raspberrypi:~ # systemctl enable grafana-server
root@raspberrypi:~ # systemctl start grafana-server

http://<IP_ADDRESS>:3000/loginにアクセスします。 pi0ではアクセスできず、もしやと思ってSDカードをpi3に入れ替えて動かしてみると、 アクセス画面に到着!。。。(キャッシュの問題なのか何なのか。。) まっ、エラーもなく、珍しく何事もなく無事終了。

  • ID : PASSWD = admin : admin

にてログインします。

Grafana Install

新しいパスワードを入力して継続。(スキップすることも可能ですが、非推奨。)

Grafana Install

サーバーのモニタリング、シャオミの気温計をつなげたりして IOTのモニタリングに使う予定です。

参照:Install on Debian

See Also

comments powered by Disqus