| tags:raspberry pi logging categories:server

influxDBのインストール

InfluxDB Install

Grafanaで使うデーターベース、InfluxDBをインストールします。

InfluxDBはオープンソースの中でポピュラーな MySQLなどのDBとはちょっと違います。

Time Series DataBaseと呼ばれているデーターベースで、 時系列でデーターを保存、数秒おきにデーターを収集するような用途に適した データーベースです。

インストール

Debianにパッケージも登録されていますがバージョンが少し古いので、開発者のサイトより最新のパッケージを持ってきてインストールします。 キーのダウンロード・登録、aptの更新とアップデートの作業になります。

root@raspberrypi:~ # sudo -Es
root@raspberrypi:~ # curl https://repos.influxdata.com/influxdb.key | apt-key add -
root@raspberrypi:~ # vi /etc/apt/sources.list.d/influxdb.list


deb https://repos.influxdata.com/debian buster stable

root@raspberrypi:~ # apt update
root@raspberrypi:~ # apt install influxdb

インストールの確認

$ curl -sl -I http://localhost:8086/ping
HTTP/1.1 204 No Content
Content-Type: application/json
Request-Id: aea43b2a-1c5b-11e9-8003-000000000000
X-Influxdb-Version: 1.0.2
Date: Sun, 20 Jan 2019 02:32:50 GMT

アクセスとクエリーはcurlを使って出来ます。

$ curl http://localhost:8086/query --data-urlencode "q=SHOW DATABASES"
{"results":[{"series":[{"name":"databases","columns":["name"],"values":[["_internal"]]}]}]}

シェルは8086・Webからは8083にアクセス。とちょっと間違えやすいというか、忘れやすい。 デビアンバージョンでは付属していないコマンドinfluxでアクセスすることもできます。

pi@raspberrypi:~ $ influx
Connected to http://localhost:8086 version 1.7.7
InfluxDB shell version: 1.7.7
> show databases
name: databases
name
----
_internal
telegraf
There was an error writing history file: open /home/pi/.influx_history: permission denied
>

追記

Pi 3A+のメモリーは512MBで少なくはないのですが、Versiopn 17.* は結構メモリー食いで、パッケージも大きい,。 デビアンのBusterのVersion16.*のものはそこまでではないようだったので、ダウングレードして試しに使ってみました。(にしてもかなりのメモリーを消費してますが。。)

Get:1 https://repos.influxdata.com/debian buster/stable armhf influxdb armhf 1.7.7-1 [46.6 MB]
Get:1 http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian buster/main armhf influxdb armhf 1.6.4-1 [3,729 kB]

もう少し、フットプリントの小さいものを物色するかな。。

See Also

comments powered by Disqus