| tags:raspberry pi categories:server

パイ力がつきるまで・4

パイ3Bで動かしていたSDカードをそのままパイ3A+に差し替え、 5,000 mAhのバッテリー運用時での駆動時間をチェックしました。

現在の使用状況はRAMの使用はカツカツで、スワップもめいいっぱいですが、 CPUにはまだぜんぜん余裕があります。

Pi 3A+ Monitoring

これを見てみると、ちょっとバランスが悪いなと思うが、、

動かしているサーバーは

です。

結果:18時間、パイ3Bに比べて5時間、40%アップしました。

プロセッサーはパイ3Bより新しく、 よりパワー食い、消費電力も同等以上にかかると思っていたので、 思いの外。 違いは 不具合があったInfluxDBをBusterのパッケージにダウングレードしたぐらいで、 予想外の結果で嬉しい誤算。

まぁ、これでノマドルーター化の要件、駆動時間15時間以上はクリア。

あとは、Wifiドングルをつけてルーター化した時にどうなるかですな。。

See Also

comments powered by Disqus