| tags:raspberry pi categories:server

パイ・コア数での駆動時間比較

パイ・3Bにてコア数の調整ができるので、バッテリーで運用時での駆動時間の比較をしました。 コア数の変更方法は こちら にポストしてますが、簡単には/boot/cmdline.txtmaxcpus=2を文頭に追加(CPUx2)で変更可能です。

負荷はあまりないのですが、そのまま放置状態で計測。 手元にある5,000mAhのモバイルバッテリーを使ってテストしました。

4コア: 13:40, load average: 0.03, 0.07, 0.15
2コア: 13:26, load average: 0.66, 0.35, 0.20
1コア: 14:12, load average: 0.29, 0.38, 0.35

との結果が出てきました、ちょっとロードアベージに開きがあるけれど、 思ったほど変わりなし、というか意味なしというちょっと残念な結果です。

追加で、パイホール・アドブロッカーも動かしていますが、 クロックスピードを  ちょっといじって試してみました。 (それと、HDMIの電源も切りました。)

  • 200 MHz - 850 MHz
  • governor “conservative”

結果: 14:10, load average: 0.68, 0.83, 0.88

でこれまた微妙な結果。。

おまけ

最近はSpotifyを使っていましたが、久しぶりに音楽をiPodで聞いたら、音が良くてちょっとビックリ。聞いてて心地よいです。作業のイライラも少し軽減されるかしらん。

See Also

comments powered by Disqus