| tags:password categories:computing

パスワードをK-9からリカバリー

パスワードを忘れる。。 というか、enpassのものが使えない、、おかしい。

いろいろリセット・リカバリーを試すが、ちょっと面倒・無理だったので、 現在使用中のアンドロイドメール・アプリK-9からパスワードをリカバリーしました。

K-9の設定ファイル

アプリの設定などのデーターは /data/data/com.fsck.k9/datadasesに保管されています。 お目当の設定sqliteファイルは一番下にある preferences_storage です。 私の端末はSyncthingで同期をしているので、ファイルをダウンロードフォルダーにコピーします。

K9 Passwd DB

マックに持ってきたファイルを DB Browser for SQLite を使って開きます。Browse Dataタブ、preferences_storageのテーブルを選択します。

K9 Passwd DB

私のファイルでは53行目になりますが、XXXX-XXX-XXXX.transportUriの値をコピーします。 長いパスワードのような数値がbase64で暗号化された文字列になります。

デコード

暗号化された文字列をデコードするにはふた通りの方法があります。

  1. オンラインサービスの online decoder を使う(あまりおすすめではないが、思わず使ってしまった。。) base64decode
  2. ターミナルよりecho yourstingvalue | base64 –D実行するとデコードされた文字列が表示されます。でけたのね。。

    jin@gallo:~ $ echo c210.....XXXXXX | base64 -D
    smtp+ssl+://XXXXX%40gmail.com:<<PASSWD_HERE>>@smtp.gmail.
    

パスワードに記号などを入れているときは変換の必要があるかもしれまん(!が%21とか)。変換リストはこちらの テーブル を参照のほど。

パスワードをリセット&無事にリカバリー、とついでにパスワードの変更も行いました。

で、不思議なことに、パスワードを照らし合わせてみると、 enpassには入っているのは正しかったのだけどねぇ。。 ブラウザの問題のように思えるが、意味不明ですな。

参照:https://cryptofuture.wordpress.com/2013/12/07/k-9-mail-password/

comments powered by Disqus