| tags:oneplus tips&tricks categories:smart phone

Oneplus 3tを分解修理

Inside oneplus

OnePlusをちまちま分解・修理。

今年の夏にNokia7Plusの代わりにしようと思って購入したOnePlus3Tのカメラが逝かれました。 近視の私が眼鏡なしで見ているような世界を映し出してくれます。

Broken Camera oneplus

しかしながら数センチから6センチぐらいまでのフォーカスは効くので、 ベランダで見つけたてんとう虫などの写真は割に綺麗に撮れます。 マクロレンズになったと考えれば良いのか、、

Macro oneplus

他にも携帯を持っているのでマクロレンズカメラとして活躍してもらうのも悪くないかなと思ったりしたけれど、 Ebayにてカメラモジュールが2千円くらいだったので購入して交換作業をすることにする。

交換作業

色々な分解ツールが付いてきましたが、 一番役に立つのは、付いてきたプラッチックのピックなどより、 こちらのiPodをこじ開けるために買ったツールが役に立ちました。(Open sesame(開けゴマ)とiPodを引っ掛けて、iSesameというネーミング)というかプラスチックのピックでは無理ではないかと、、。

openning Tool

電源を落とし、下部のネジを2箇所とシムトレーを外します。

ネットでの分解方法をいくつか見ましたが、正面左側ボリュームボタンの4〜5センチ下より攻めていくのが良いです。 下部の充電ポート付近から行ってゴム状のパッキンが傷つけてしまいました。

ツールを液晶とボトムケースの間にねじ込みます。隙間はほとんどないのでスッとは入りませんが、 グイッとねじ込み、下の方に動かしていくとスコッと外れ出します。

Inside oneplus

内部はモジュール式で作りはなかなか良いように思えます。 新しいバッテリーや様々な部分のパーツも売っているので取り換えも簡単にできます。 (最近の防水対応携帯は、グルーでべたぁーと付いているので分解がかなり難しい+面倒のようです。)

で、不具合発生

で、モジュールを交換するも出てくるイメージは中心にしかフォーカスが合っていないトイカメラで撮ったような写真。。

Inside oneplus

返品・交換の手続きを行ったところすぐに返事が業者から来て、 フレックスケーブルを綺麗にしてもう一度試して見てくれての依頼がある。

少し面倒ではあるが、もう一度開腹作業を行うが、、改善せず。

新しいものを送り直してもらおうと思ったら、このバッチは不具合が多くてリファウンドでどうじゃと と言うことで(じゃぁ売るなよと思ったりもする。)返金をしてもらって終了。な〜んかモヤモヤが残る。

でも、返金手続きなどはEbayは確りしているのではないかと思いました。

仕方がないので、マクロレンズとして機能してもらうことにする。

ぼやき

なんか最近こう、なんと言うんだろうか、 安物買いの銭失いのような、ハズレくじを引いているだけなのかもしれないけれど、 貧乏消費の悪循環にはまっているような気がする。

ストレスと面倒・労力を考えたら、新品を大事に使っていくのが吉なのかなぁ、としみじみ思いました。 とブログの記事にて少しストレスを緩和させる。


ホンコン・ガーヤウ!

デモの渦中香港経由で来月にはタイに行く予定なので、 学生さん応援とともにモンコックで修理していこかしらん?
デモの映像を見てたら、九十年ごろの韓国学生デモを思い出しまいした。 (当時ちょっと語学留学に行てたんよね。危うく連行されそうになって逃げ、催涙ガスで嘔吐した記憶がある。押し入れのどっかにデモ隊を撮ったフィルムがあったような。。)

See Also

comments powered by Disqus