| tags:hackintosh thinkpad categories:computing

BIOS設定:ハッキントッシュT480s

about this

Thinkpad T480s に macOS モハァ〜ベェ~をインストールして使っています。 11 月ごろに一回あったシステムアップデートもでき、MagicTrackpad やマルチディスプレイにも対応。 不具合はトラックパッドが使えないことと2つ同時に USB の使用ができないことくらい。 ちょっともう少しバッテリーが持ってくれれば申し分はないのですが、 思った以上に快適です。 ただ動かなくなるのが怖いので、カタリーナへのアップデートは保留。。 Mojave と Xcode11 で FIX。

レビュー記事:

もう一度やり直すかもしれないので、インストール方法を少し細かくまとめます。 記憶を辿りつつというのもあるので、ちょっと自信はないのですが、 多分大丈夫(無保証かつ無責任、自己責任でよろしくです)。 クローバーのコンフィグファイルも公開します。

作業はマックで行いました。 (インストールディスクの制作作業は Windows でもできるようです。余裕があったら調べます。)

インストール作業

作業手順は以下になります。長くなりそうなので愚痴などを入れつつ3部に分けます。

  1. T480s の BIOS 設定
  2. Mojave インストールメディア(Mac にて)作成:一番面倒かつ大事な作業 3. インストール(カタリーナでも大丈夫だと思う、誰か試してくれませんかね。)
  3. インストール後の設定:メンテナンス等

BIOS 設定

BIOS MAIN

会社によって違うのかもしれませんが、 BIOS モードに入るには Thinkpad の場合ですと再起動後 [F1] 押したままにしておきます。

Security

上部のバーより Security を選択、そしてセキュリティとスタートアップ関連を調整します。

BIOS Security

  • » Fingerprint
    • Fingerprint Predesktop Authentication [DISABLED]:指紋認証は使えません(Linux でも同様)
  • » Security Chip
    • Security Chip [DISABLED]
  • » Virtualization + Virtualization Intel Virtualization Technology [ENABLE] + Intel VT-d Feature [ENABLE]
    仮想化:バーチャライゼーションはDISABLED にせよとありましたが、 Linux 環境で kvm を使うかもしれんのでENABLED にしたままインストールしました。 KVM での検証はまだしてません。問題が発生したら DISABLE に変更予定。 (使い始めて3カ月経過しましたが今の所問題なし。)
  • » I/O Port Access + Wireless WAN [DISABLED] + Memory Card Slot [DISABLED]: + Fingerprint Reader [DISABLED]
    !! SDカードスロットは使えないと聞いていましたが、今回ブログを書くためにちょっと試しにENABLEにしたら使えました!! でもバッテリーを割と食うと聞いたのでオフにします。
  • » Secure Boot
    • Secure Boot [DISABLED]
  • » Intel SGX
    • Intel SGX Control [DISABLED]

Startup

BIOS Startup

  • UEFI/Legacy Boot [UEFI Only]
  • CSM Support [Yes]

参照:

See Also