| tags:macos tips&tricks zfs categories:computing

ミラーディスクを追加・削除方法

zfs を使って適当バックアップ的ミラーリング運用をしています。 日本の実家に全てのデーターが置いてあるのですが、 よくよく考えると、震災やなんかを考えると、現在滞在中のタイに荷物をあづかってもらっているところがあるので、 そこに物理的的なバックアップとしておいておくのも悪くないかなと思い、 3つ目のミラーリングを追加します。

ファイルをバックアップすれば良いだけとも言えますが、 ちょっとあたくしバカなものですからあっちでバックアップこっちでバックアップしてると、 訳が分からなくなるし、クラウドやは今ひとつ信用できないのもあって 繋げば勝手に同期してくれるzfs ミラーリングに落ち着いてます。 (MacOSのタイムマシーンも嫌い。少し賢くなったらスナップショットも使うかな。)

zfsファイルシステムにおける長所の羅列

  • MacOS、Linux、Windows で利用も可能
  • ミラーリングでいながら一台(本体内臓 SSD)のみでも運用可能
  • ミラーリングを構築しているディスクを起動時に繋げば自動ミラーリング
  • 接続ディスクをブチっと取り出しても OK

※ オフィスと自宅にミラーリングディスクをおいておけは簡単な3点同期ができる。

短所はライセンス上ちょっと問題があるかもしれないのと速度が多少犠牲になるらしい事かな。 まぁ SSD で運用しているので気になることはありません。

ズボラなあたくしにはちょうど良いですし、数ヶ月運用してみて今の所大きな問題もありません。


作業

実際はいくつかのプールを運用してますが、 そのうちの一つ、32GBの領域を USBスティックとミラーリングさせているプールに追加もう一つ USBメモリーを追加します。

現状は以下、Hackinkpad内のSSDと USBメモリーでミラーリングしています。 USBメモリーは接続していないので UNAVAIL になっています。

※ 繋いで zpool online にすると同期が始まります。
※ 解除は zpool offline でできる、バシッと抜いてもマイペンラ〜イ。

guiness:~ jin$ sudo zpool status
  pool: zthumb
 state: DEGRADED
status: One or more devices could not be opened.  Sufficient replicas exist for
	the pool to continue functioning in a degraded state.
action: Attach the missing device and online it using 'zpool online'.
   see: http://zfsonlinux.org/msg/ZFS-8000-2Q
  scan: resilvered 612M in 0 days 00:02:01 with 0 errors on Fri Feb 21 13:12:19 2020
config:

	NAME                     STATE     READ WRITE CKSUM
	zthumb                   DEGRADED     0     0     0
	  mirror-0               DEGRADED     0     0     0
	    media-642DEB3F-426C  ONLINE       0     0     0
	    1620273082236424xxx  UNAVAIL      0     0     0  was /dev/sda3

errors: No known data errors

ディスクのフォーマット・追加

USB メモリーをフォーマットします。マック上で行ったので、コマンドは他の環境とは違います。 そしてなぜかそのディスクそのままのフォーマットができませんでした。

guiness:~ jin$ sudo diskutil eraseVolume ZFS MIR01 /dev/disk2s2
Started erase on disk2s2
Unmounting disk
Erasing
Mounting disk
Could not mount disk2s2 after erase
Error: -69832: File system formatter failed
guiness:~ jin$

エラーが出ますが問題はないです。

そして、作成したディスクを追加します。コマンドは zpool attach POOL名 DISK 追加ディスク です。

ちなみの解除方法は zpool detach POOL名 削除ディスク になります。

guiness:~ jin$ sudo zpool attach zthumb media-642DEB3F /dev/disk2s2

追加される同期が始まります。 zpool status で進捗状況が掴めます。

guiness:~ jin$ sudo zpool status
  pool: zthumb
 state: DEGRADED
status: One or more devices is currently being resilvered.  The pool will
	continue to function, possibly in a degraded state.
action: Wait for the resilver to complete.
  scan: resilver in progress since Sun Feb 23 10:34:42 2020
	4.19G scanned at 51.7M/s, 1.20G issued at 14.7M/s, 4.19G total
	1.22G resilvered, 28.50% done, 0 days 00:03:28 to go
      ^^^^^^^^^^^^^^^^^^
config:

	NAME                          STATE     READ WRITE CKSUM
	zthumb                        DEGRADED     0     0     0
	  mirror-0                    DEGRADED     0     0     0
	    media-642DEB3F-426C-4047  ONLINE       0     0     0
	    1620273  - USBメモリー1   UNAVAIL      0     0     0  was /dev/sda3
	    disk2s2   - 追加USBメモリー ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors
guiness:~ jin$

追加USBメモリーはタイの滞在先においておきます。

これで東京壊滅でも安心だぜよ。。ほほほぉ〜(日本に来週帰国で妙なテンションが上がってきてる)。

See Also