| tags:arch categories:computing

ArchでMagicTrackpad2

Magictrackpad2

結果から書くとブルートゥースを有効化したらタナボタでマジックトラックパッド2が使えるようになりました。

ちょっとした穴の補修

Arch の初期状態ではブルートゥースが使えません。 オンになっているもオフになっていました。 bluez というソフトは入っているようなのですが、、

BT Settings

Wiki を覗くと bluez-util が必要なようでインストール。書いたあった他のソフトはインストールされていたので、中途半端にインストールされていた様子。

そして、下画像の様にサービスをスタートすることで有効化があっさりできました。

BT Settings

そして、マジックトラックパッドに関しては色々と調べていた最中で、 カーネル 4.20 以降より対応しているとのことですが、 カーネル 5.4 で動いている Manjaro では認識はするものの使えませんでした。

とりあえずダメ元で、Arch でも認識はしているので繋がるか試してみたところ、

BT Settings

、、動いたーー。

何かしらの設定が必要かもしれないと思っていたので、ちょっとラッキー。 デバイスもしっかり掴んでいます。

jin@guiness:~$ sudo  libinput list-devices

Device:           Apple Inc. Magic Trackpad 2
Kernel:           /dev/input/event18
Group:            5
Seat:             seat0, default
Size:             162x115mm
Capabilities:     pointer gesture
Tap-to-click:     disabled
Tap-and-drag:     enabled
Tap drag lock:    disabled
Left-handed:      disabled
Nat.scrolling:    disabled
Middle emulation: disabled
Calibration:      n/a
Scroll methods:   *two-finger edge
Click methods:    button-areas *clickfinger
Disable-w-typing: n/a
Accel profiles:   none
Rotation:         n/a

Device:           Elan TrackPoint
Kernel:           /dev/input/event8
Group:            8
Seat:             seat0, default
Capabilities:     pointer
Tap-to-click:     n/a
Tap-and-drag:     n/a
Tap drag lock:    n/a
Left-handed:      disabled
Nat.scrolling:    disabled
Middle emulation: disabled
Calibration:      n/a
Scroll methods:   *button
Click methods:    none
Disable-w-typing: n/a
Accel profiles:   flat *adaptive
Rotation:         n/a

Device:           Elan Touchpad
Kernel:           /dev/input/event7
Group:            9
Seat:             seat0, default
Size:             98x61mm
Capabilities:     pointer gesture
Tap-to-click:     disabled
Tap-and-drag:     enabled
Tap drag lock:    disabled
Left-handed:      disabled
Nat.scrolling:    disabled
Middle emulation: disabled
Calibration:      n/a
Scroll methods:   *two-finger edge
Click methods:    *button-areas clickfinger
Disable-w-typing: enabled
Accel profiles:   none
Rotation:         n/a

動きはマックに比べると少し鈍いかな。 加速感とかの使用感はマックでの方がやはり上です。

しかし何と!Gnone では4本指スワイプでワークスペースを移動できます。 4本指スワイプが可能になっているので、 2本指、3本スワイプに指動作を割り当てられるかも。。

そんなわけで、Arch の環境がかなり良くなってきます。 ちょっときになるのは、ターミナル実行時にたまにプチフリーズを起こすことと、、

で、本体についているトラックパッドを無効化したいのだけど、、 BIOS では無効化しているはずなのですが無視される。

https://github.com/rohitpid/Linux-Magic-Trackpad-2-Driver

追記:調子にのっってデビアン、バスターのカーネルをバックポート版(5.4)に入れ替えて試してみたところ、 認識・接続はうまくいくも動作が安定しませんでした。接続が安定しないのか動きをうまく追随してこなく、一気に動いたりします。。(調整は可能かもしれん。。とりあえず放置。)

See Also