| tags:debian arch manjaro categories:computing

Mozcの環境構築まとめ

Linux 環境にて日本語の入力には Mozc+fcitx を使っています。 インストール、設定方法をまとめる。

Debian / Ubuntu

Debian と Ubuntu では

$ sudo apt-get install im-congig fcitx-mozc

をインストール、im-congif より fcitx を指定します。

Mozc Install

次にペンギンアイコンのfcitx configuratorを立ち上げます。 mozc を追加して、キーバインドや候補表示のフォント設定などが行なえます。

Mozc Install

そして、再起動でつかえるようになります。

ただし、Mozc ツールはバグがあるらしく backport よりインストールする必要があります。コマンドで詳細設定のツールを起動する必要があります。

コマンドからの辞書ツール(上からコンフィグ、辞書ツール、単語登録)へのアクセスは

$ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog
$ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=dictionary_tool
$ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=word_register_dialog

です。頻繁にアクセスするものでないのでそのままにしてます。

Mozc Install

Arch / Manjaro

$ sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-gtk3 fcitx-qt5

こちらもいたって簡単、上記のソフトをインストールして、 同様にペンギンアイコンのfcitx configuratorを立ち上げます。 そして mozc を追加します。

Mozc Install

こちらはこのままでは再起動しても使えないので、 Mnajaro では、.xprofile Arch (wayland)では/etc/enviourment に設定を書き入れます。

.xprofile (manjaro) /etc/enviorment (arch)

export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx

で、問題なく動きます。(最近mozc-ut2にアップグレードしました。)

キーバインディングをハッキントッシュと合わせたいんだけどね、、 ctl か alt のどっちのキーをメインにするか悩む。。

See Also